注目の道院

大阪三日市道院
河内長野市

新しい自分づくり 一緒にはじめませんか!
大阪三日市道院 -古谷 貴紀-
道院長
古谷 貴紀 先生 (中導師 准範士 六段)
趣味/特技 スキー、キャンプ、トレッキングなどのアウトドア系
連絡先 090-9213-8332
furusan@zeus.eonet.ne.jp
HP 道院サイトはコチラ
ブログ 道院ブログはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

 小学生の時に友達に誘われるまま見学し、そのまま入門。休眠期間はありますが、入門から早30年以上。道院長には憧れはあるものの、当時は自分が道院長になるとは夢にも思っていませんでした。
 身長が低いのがコンプレックスだった私自身、少林寺拳法の修練を通じて「小さくても負けない」自信が芽生え、明るく積極的な性格へと変われました。
 私と同じように自信を付けたい、自分を変えたいと思う方の力に少しでもなりたい、成長していく拳士に寄り添っていきたいと思い、道院長の一歩を踏み出しました。
 道院長になって初めて気づくことや学ぶことも多く、やりがいのある道院長になって本当に良かったと思っています。

指導に心がけている事

 子どもは子どもらしく、大人は大人らしく、修行に打ち込めるように!
 子どもは何より元気よく、そして友達を大切にすることを道院の仲間との修練を通じて学んでほしいと思います。
 また、遊ぶ時は楽しく遊び、人の話を聴く時はしっかりと聴く、練習する時はまじめに頑張る。それぞれの状況に応じて、自分で判断し行動できる人になってもらえるよう、普段の修練時もメリハリとケジメをつけた指導を心がけています。
 さらに大人の拳士には、それぞれの修行目的をふまえた修練を一歩一歩着実に重ね、自己実現を図れるよう指導しています。

どんな道院を目指している?

 学校帰りに、仕事帰りに、ふらっと(?)・・・各々がいつでも当たり前のように道場に集まり、楽しく修練に励み、語らいあえる。そんな道院でありたいと思っています。

道院について

道院の特徴/雰囲気

 当道院では、幼稚園児から60代まで約60名の拳士が修行に励んでいます。うち、女性拳士も多数在籍しており、女子の存在感も大きく感じられる道院です。
 中学や高校に進学すると勉強(塾等)やクラブ活動で忙しくなりますが、「継続は力なり」を信じて、みんな学校生活と道院での修行をうまく両立しています。進学を機に修行を挫折する拳士はほとんどいません。
 拳士同士も本当に仲が良く、良い仲間とともに楽しみながら修行できているのが永続の秘訣だと思います。中学生以上の拳士にもなると、よく修練後に恋話?に花を咲かせており、時には道院長も交えた修練後の井戸端談義も楽しみな道院です。

所属拳士からの一言

○入門してから5年。努力家でもなく面倒くさがり屋の私が熱中して続けられているのは、大阪三日市道院のみんな仲良く明るい雰囲気が大好きだからです。少しずつですが、自分も変われたと思うし、素敵な仲間とも出会えました。入門して本当に良かったと思います。指導してくださる先生方に感謝し、道院の一員であることを誇りに思います。大阪三日市道院は私の居場所です。(16歳・女子)