大阪中津道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 中井 強
中導師 准範士 六段
私は金剛禅総本山少林寺大阪中津道院を運営させていただいております中井強と申します。

私事ではありますが、1971年少林寺拳法の門に入り、数多くの師に教えを受け、大変お世話になって参りました。

今後はその多くの教えを大阪中津の地でさらに多く広く伝え拡めて行く事こそ、自分自身の責務と思い、邁進する覚悟です。