富田林東條道院 道院長のご紹介

道院長(指導者)について

各地の道院では、金剛禅総本山少林寺によって指導者として正式に認められた道院長が、責任を持って道院運営・門信徒育成を行っています。
 金剛禅宗門は教えを現代社会に生かすための道であるため、道院長は本職を別に定めたうえで、社会との関わりを持ちながら「自己と他人の成長、そして金剛禅を縁とした人間関係」を最大の喜びとして無償で指導に当たっています。

道院長紹介

道院長 北野 隆司
中導師 正拳士 四段
富田林東條道院は、「本当の強さ」「人とのつながり」が基本の軸です。

たとえ休眠中の拳士でも受験合格の報告に来たり、気楽に立ち寄って現役拳士と関わります。

「道院に行って汗を流してこよう」「先生や仲間に会いに行こう」と思える帰る場所、それが「富田林東條道院」です。

自分に自信がもてる心の強い人間を目指し、日々修練を行っています。