■たかが少林寺拳法、されど少林寺拳法

少林寺拳法連盟これまで170万人を育て世に送り出し、創立70周年を過ぎた今、我が社にも多くの教え子OB拳士が存在しています。心の教えと親しみ易い護身術が有るからと思います。
人材育成にも、いろんな形、リソースがあるように、処変われば、価値観が変ります、世代、時代、イデオロギーにより、正義の在り方も様々だと思います。
人、人、人づくりによる国づくり、ですから私達が行なっている社会貢献の面から少林寺拳法は素晴らしい人づくりです。競技一貫性のルールでは勝ち負けだけに暴走し、拘り過ぎると、慈悲心思いやりはしっかりしないと育ちにくい。園児の躾けから始まり、青少年から老後迄、自信と勇気と行動力を養い、社会の秩序、礼儀、考えをしっかりと持って教え行動する、自分の可能性を発見し他人に思いやり、協力し合う行動する。道院長として世に送り出してあげたい。
そのための行動力、強さの裏付けも必要であり、まず目標持ち自己をしっかりする。
競技種目参加の目標を持たせて、老後のライフスタイルにもなる。
健康増進、頭を鍛え、心にも癒し、身を守る護身術、押さえ付けて言って聞かせてる悟す。そこには自分にとって、たかが少林寺拳法されど少林寺拳法なのです。合掌

「可能性の大阪神宮寺道院」

いいね!>> いいね! 0 人
Loading...