大阪府教区長挨拶

greeting

教区長 佐々木 正 ごあいさつ

 私が金剛禅総本山少林寺大阪白鷺道院を開設してから38年になります。
 17歳で少林寺拳法と出会い、若さゆえ強さを求めて入門しましたが、恩師の人間性に感化され、開祖との法縁を体感し、人生観が易わりました。恥ずかしい話ですが、正直に言って、入門当初は思想や、教義は2の次でした。道院へ行くと沢山の仲間がいて、毎日の修練が、楽しく、厳しく、充実した時間が過せ、何ものにも替えがたい貴重な時間を過しました。
 時が過ぎ、気がつけばいつの間にか恩師のまねをして、開祖の教えを説いている自分がいました。
 少林寺拳法に入門して44年、一途に金剛禅と向き合い、人生の生き方を学び、「半ばは我が身の幸せを、半ばは他人の幸せを」と云う、誰もが、少しの勇気と思い遣りがあれば「実践できる」幸せになる「秘伝」が、金剛禅少林寺の修練の中に、満載されております。

 大阪府下には、100以上の道院が点在しています。このサイトには、それぞれの地域で活動している道院のサイトが紹介され、日々その活動の様子が更新されていきます。興味のある方は、日々の更新を楽しく閲覧して頂いて、是非近くの道院に行き、幸せの「秘伝」を伝授してもらって下さい。

 皆さん方との新しい出会いが出来ることを楽しみにして、ご挨拶を締めくくります。

                 再拝、合掌