「ブログ」カテゴリーアーカイブ

2019年1月 新春法会のご報告

1/20(日)に大阪府教区が主催する「2019年新春法会」が開催されました!

今回の行事は、大阪平野道院で開催され、大阪府教区長 佐々木正 先生より新春のご挨拶を頂戴しました。

この日は大阪府の各小教区での行事などが重なり、いつもよりは参加される先生方も少なかったですが、大阪府教区は、大阪にある道院や小教区が積極的に活動を行って貰えるようにサポートするのがその役割であることを考えれば、こうして各地で金剛禅の活動が活発に行われているから、教区行事の参加者がすくなかったというのは、むしろ喜ばしいことだと考えて良いと思います(^^)

 

 

本年の門信徒代表は大阪平野道院 川添 浩史 道院長がつとめられ、


「昨年の世界情勢、大国の自国の利益優先に対する危機感、国内の情勢、信頼を失った閣僚、官僚たちの、企業の不正、スポーツ界のパワハラ、セクハラ問題など、現代社会が抱える様々な問題は、対岸の火事ではなく、我が組織も襟を正す事を肝に銘じ活動することが大切である。


金剛禅における組織機構改革も、一応は形が整いはしたものの、次世代へつないでいくために、さらに良い方向へと常に改革をし続けて行わなくてはならない。


また、次世代を担う後継者の問題も、深刻に受け止めて、本気で若手の指導者を育て、今後とも大阪府教区の道院長が一丸となり、開祖の志を受け止め、金剛禅運動を今年も挺身していかねばならない。」 


という身が引き締まる年頭あいさつに、行事に参加された道院長や拳士みんなが、あらためて自分たちに何が出来るのか、を考えさせられたのではないでしょうか。


川添道院長の言葉を受け、佐々木教区長も、

 

「国内外の社会情勢、の分析、大国のエゴによる、戦争の危機感、人・人・人、全ては人の質・・

開祖の至言をまざまざと見せつけられている現実、理想社会の実現が、増々遠ざかる近年、我々達磨の子はどんな困難なことに遭っても決して諦めず不撓不屈の信念と、行動力で、平和で豊な社会を目指し、力を合わせて、今年も活動していかなければならない」

 

と年頭挨拶を締めくくられました。

 

本年の奉納演武は、平野道院 竹井祐二 拳士、関西外大 笹川 理菜 拳士が息の合ったすばらしい演武を披露してくれました。

 

新春法会の儀式が終わった後は、いつものように最後に記念写真を。

皆さんお忙しい中お集まりくださいまして、ありがとうございました!

 

今回もいつもと同じように、少導師・中導師・権大導師のそれぞれの資格に合わせた講義が行われ、皆さん熱心にメモを取りながら講義に聴き入っていました。

 

今回のテーマは、

 

「金剛禅における『鎮魂行』の意味」
講師:大阪白鷺道院 佐々木 正先生

「少林寺拳法指導にあたっての心構え」
講師:大阪守口道院 浅妻 嘉光先生

「日常生活の中の金剛禅」
講師:寝屋川道院 西尾 武先生

 

という割り振りで実施され、それぞれの経験豊かな先生の体験談を交えて、とても興味深い講義がされていました。

浅妻先生の講義ですが、当日このテーマを受講する拳士がいなかったため、当日になって講義なし、という事になってしまい、浅妻先生には大変ご迷惑をおかけしてすみませんでした。


大阪府教区で実施する僧階補任講習会は、実績のある先生方が講師を務められるので、色々なお話を聞けて、本当に素晴らしい講習会だと思います。

僧階取得とは関係なく、講師の先生方のお話を聞きにきていただければ、もっともっと少林寺拳法の素晴らしいところを発見できると思いますので、是非積極的に参加していただければ幸いです。


次回は2019年5月~6月頃に開祖忌法要などを予定しています。
開催場所につきましては、決まり次第またご連絡致します。




2018年10月 達磨祭のご報告

 

 

10/14(日)に大阪府教区が主催する「達磨祭」が開催されました!

達磨祭は金剛禅の儀式行事の中でも重要な位置付けです、達磨大師の命日とされている10月5日が本日程ですが諸般の事情により、その前後に実施をしています。

 

導師は大阪旭道院の佐藤 定義先生が務められ、会場も大阪旭道院にて開催されました。

佐藤先生から、金剛禅の教えと、不屈の精神の象徴としての達磨大使、釈尊の教えを正当に受け継いだ達磨から、開祖に至るまでの御法話を頂戴いたしました。


今回の開祖忌法要には、各道院の幹部拳士も参列し、それぞれが開祖への思いを胸に秘め、開祖を偲びつつ、今後も開祖の思いを後世へ伝える決意を新たにしたように感じました。

達磨祭は祖師達磨を礼拝し遺徳を偲ぶ事が本来の目的ですが達磨の心が金剛禅の原点になっている事も忘れてはなりません。

金剛の肉体と不屈の精神力、七転八起の精神が日常生活に生かされるような布教が本来の布教です、形骸化する事の無いよう教化育成する事が大阪府教区の役割であると考えています。

今回の奉納演武は、大阪旭道院の拳士による奉納演武で、両拳士は2週間後の全国大会出場ということで、大変迫力のある演武を披露してくれました。

達磨祭が終わった後は、最後に記念写真を。

皆さんお忙しい中お集まりくださいまして、ありがとうございました!

 

 

達磨祭終了後は、10分間の休憩の時間をとり、引き続き本山認定 僧階補任講習を行いました。

権中導師、権大導師、少法師取得に向けての講義が行われ、皆さん熱心にメモを取りながら講義に聴き入っていました。

 

大導師担当は寝屋川道院の寝屋川道院の西尾 武先生で、時間の許す限り それぞれのテーマを、真剣にまた、ユーモアを交えて講義をされていました。

中導師担当は、講師経験の豊富な大阪北清水道院の高辻 吉治先生で、講義の後半で受講者からのリクエストもあり、絵本の読み聞かせを講義もされていたようです。

 

教区儀式、研修会も恒例となり、今回も他の行事と重なる中でも、20名の受講生が居て、講師の皆さん方も、回を重ねる中で 講義内容においても、充実度も増した僧階補任研修となりました。

是非、僧籍を有する拳士の方は、自己研鑽と僧階取得に向けた一つのツールとして教区主催の僧階補任講習を活用していただき、各道院、地域での活動に生かしてもらえればと思います。

会場につきましても、出来るだけ大阪の各方面の道院長・拳士の方がに参加していただきたいと考えておりますので、会場特定の道院を固定しないで、各小教区から「来てほしい」という呼びかけに応じて、小教区巡りをこれからもして行く方針です。

今後も僧階補任講習につきましても各種儀式行事とタイアップしながら積極的に開催して参りますので沢山の方々の参加をお待ちしております。

 

次回は2019年1月に新春法会を予定しています。場所は決まり次第ご連絡致しますので、また皆様のご参加をお待ちしております。




大阪中津道院のサイトが公開されました

大阪府教区が作成した、道院サイト「大阪中津道院のサイト」が本山から承認を得て、正式に公開されました!

大阪中津道院は、大阪府大阪市北区にある道院で、道院長は中井 強先生です。大阪府大阪市北区で少林寺拳法の道院をお探しの方は、是非一度覗いてみてください

 

道院サイトアドレス:
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/113001/
注目の道院:
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/atten?aflg=2&id=113001

 

公開されました道院サイトは、単なるHPだけでなく、日頃の修練の様子などを記事として投稿できるブログ機能も備わっています。

これから色々な記事が投稿されると思いますので、定期的に大阪中津道院のサイトにアクセスして頂ければ、きっと大阪中津道院の事を深く知ることができると思いますよ!

 

■道院ブログの新着記事はこちらから■
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/douinblog




SSL接続できるようになりました!

大阪府教区サイトにより安全にアクセス出来るよう、大阪府教区サイトを改良し、SSL通信(暗号化通信)出来るようにしました。

 

 

大阪府教区サイトにアクセスする際、アドレス欄に

https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/

と入力すると、上記の画像のようにアドレスバーに鍵のマークが表示されるようになります。

今後、鍵マークが付いていないサイトには警告メッセージが表示されるようになってくるようなので、大阪府教区サイトも世界標準に合わせてSSL通信を行えるサイトに変更しました。

 

 

大阪府教区サイトのセキュリティ強化に合わせて、大阪府教区サイトの管理下にある道院サイトも、合わせてセキュリティー強化を行いましたので、アドレス欄に、

https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/●●/

と入力していただきますと、鍵マークが表示されるようになりました。

※道院ブログの中で、大阪府教区サイト以外のサイトから画像を引用・転記すると、鍵マークに警告メッセージが表示されることがあります。

SSL通信対応へと修正しましたので、出来るだけ今後の教区サイト及び道院サイトのご案内は、「https://」のアドレスを使うようにしていただけると助かります。

 




大阪今里道院のサイトが公開されました

大阪府教区が作成した、道院サイト「大阪今里道院のサイト」が本山から承認を得て、正式に公開されました!

大阪今里道院は、大阪府大阪市東成区にある道院で、道院長は西 慶隆先生です。大阪府大阪市東成区で少林寺拳法の道院をお探しの方は、是非一度覗いてみてください

 

道院サイトアドレス:
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/112993/
注目の道院:
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/atten?aflg=2&id=112993

 

公開されました道院サイトは、単なるHPだけでなく、日頃の修練の様子などを記事として投稿できるブログ機能も備わっています。

これから色々な記事が投稿されると思いますので、定期的に大阪今里道院のサイトにアクセスして頂ければ、きっと大阪今里道院の事を深く知ることができると思いますよ!

 

■道院ブログの新着記事はこちらから■
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/douinblog




大阪堺道院のサイトが公開されました

大阪府教区が作成した、道院サイト「大阪堺道院のサイト」が本山から承認を得て、正式に公開されました!

大阪堺道院は、大阪府堺市にある道院で、道院長は大﨑 健二先生です。大阪府堺市で少林寺拳法の道院をお探しの方は、是非一度覗いてみてください

 

道院サイトアドレス:
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/110220/
注目の道院:
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/atten?aflg=2&id=110220

 

公開されました道院サイトは、単なるHPだけでなく、日頃の修練の様子などを記事として投稿できるブログ機能も備わっています。

これから色々な記事が投稿されると思いますので、定期的に大阪堺道院のサイトにアクセスして頂ければ、きっと大阪堺道院の事を深く知ることができると思いますよ!

 

■道院ブログの新着記事はこちらから■
https://shorinji-osakakyouku.jp/wp/douinblog




2018年5月 開祖忌法要のご報告

 

   

 

5/13(日)に大阪府教区が主催する「開祖忌法要」が開催されました!

導師は大阪府教区教区長の佐々木正先生が務められ、大阪堺道院「古川会館」にて開催されました。

佐々木先生から、


「ここ3日ほど久し振りに開祖の法話テープを聞きながら過ごしました。

久し振りに開祖の声を聴き続けるうちに、若いころの思いが沸々と湧き上がって来ました。

話の始めの方は、呼吸も苦しそうな開祖ですが、段々気持ちが昂るにつれて、大きな張りのある声になり、気が付けば2時間ぐらい我々聴講している者たちを、魅了し充電してくれていました。

強さと、自信にあふれた開祖の法話が、我々に勇気と、やる気を注入してくれていたのです。


開祖は、

『我々の金剛禅運動は、他の宗教とは違い、自分を良い方に易える、行動仏教である。禅拳一如や、愛力不二ではなく、先に力、行動が先なのである』


いくら念じても、行動がともなわければ、意味がない。

まず行動ありきである。

良いと思ったことは信念をもって先ず行動せよ、理屈は後からつければ良い。
・・喧嘩の話、女性の話、今なら公になると大変になりそうな話が満載でした。


何もかも含めて、我々は開祖に全幅の信頼を寄せて、ついて来たわけです。

皆さんも、金剛禅の門信徒として、開祖の思いをもう一度噛みしめて、愚痴を言わず、好きな少林寺拳法に、情熱を捧げましょう。

という御法話を頂戴いたしました。


今回の開祖忌法要には、各道院の幹部拳士も参列し、それぞれが開祖への思いを胸に秘め、開祖を偲びつつ、今後も開祖の思いを後世へ伝える決意を新たにしたように感じました。

 

開祖忌法要が終わった後は、最後に記念写真を。

皆さんお忙しい中お集まりくださいまして、ありがとうございました!

 

 

開祖忌法要終了後は、引き続き本山認定 僧階補任講習を行いました。

 

権中導師、大導師、少法師取得に向けての講義が行われ、皆さん熱心にメモを取りながら講義に聴き入っていました。

是非、僧籍を有する拳士の方は、自己研鑽と僧階取得に向けた一つのツールとして教区主催の僧階補任講習を活用していただき、各道院、地域での活動に生かしてもらえればと思います。

 

次回は2018年秋に達磨祭&僧階補任講習会を予定しています。場所は決まり次第ご連絡致しますので、また皆様のご参加をお待ちしております。




2018年1月 新春法会のご報告

1/21(日)に大阪府教区が主催する「2018年新春法会」が開催されました!

 

 

今回の行事は、大阪富木道院で開催され、大阪府教区長 佐々木正 先生より新春のご挨拶を頂戴しました。

本年の門信徒代表を阪南舞道院 青枝増行 道院長がつとめられ、

「門信徒の人数が少ない中で、一人一人の拳士に充実した指導が今まで以上に出来ることが増え、プラス面も多くある事を実感している。」 

という言葉が参列者の皆さんの心に響いていました。

青枝道院長の言葉を受け、佐々木教区長も、

「100人の拳士に号令をかけて広く浅く指導することよりも、一人の拳士に、情熱を注ぎ 指導者として薫育するこは開祖の志を受け継いだ、人造りによる国造りを実践する道院長にとってはより大切なことと」

と話されました。

 

本年の奉納演武は、東大阪小阪道院より、寺井陸人拳士(2段)、花田隆輝拳士(2段)、水掫佐亮拳士(2段)の三名が三人掛けの迫力ある演武を披露してくれました。

演武というと組演武のイメージがありますが、三人掛けという難しい演武を披露してくれた三名には、感謝いたします。

これからも諦めることなく修練に励み、頑張っていってもらえればと思います(^^)

 

新春法会の儀式が終わった後は、いつものように最後に記念写真を。

皆さんお忙しい中お集まりくださいまして、ありがとうございました!

 

 

今回もいつもと同じように、少導師・権大導師・大導師のそれぞれの資格に合わせた講義が行われ、皆さん熱心にメモを取りながら講義に聴き入っていました。

 

今回のテーマは、

「『誓願』の主旨」
講師:大阪富木道院 今井 偉夫先生

「金剛禅布教者が在家であることの意義」
講師:寝屋川西南道院 掛川 和弘先生

「釈尊の説法の方法に共通して見られる特徴について」
講師:大阪白鷺道院 佐々木 正先生

 

という割り振りで実施され、それぞれの経験豊かな先生の体験談を交えて、とても興味深い講義がされていました。

 

大阪府教区で実施する僧階補任講習会は、実績のある先生方が講師を務められるので、色々なお話を聞けて、本当に素晴らしい講習会だと思います。

 

次回は2018年5月~6月頃に開祖忌法要などを予定しています。
開催場所につきましては、決まり次第またご連絡致します。




グループ表彰についてのご案内

SHORINJI KEMPO UNITYより、公式サイトにグループ表彰について掲載されました、と案内がありましたのでご報告させていただきます。

——–
大阪府教区 教区長 佐々木 様

合掌

お世話になります。

公式サイトおよび公式フェイスブックにて

グループ表彰について、皆様の活動紹介を掲載いたしました。

どうぞご覧ください。関係者の皆様にご周知頂けましたら幸いです。

http://shorinjikempo.or.jp/magazine/2018ghyosho.html

https://www.facebook.com/shorinjikempo.group/

再拝

川島佑斗