2017年6月 開祖忌法要のご報告

 

6/11(日)に大阪府教区が主催する「開祖忌法要」が開催されました!

 

導師は大阪府教区副教区長の今井偉夫先生が務められ、来賓として大阪府少林寺拳法連盟理事長淺妻嘉光先生と金剛禅総本山少林寺責任役員西尾武先生をお迎えし、大阪富木道院にて開催されました。

 

今回の開祖忌法要には、各道院の幹部拳士も参列し、それぞれが開祖への思いを胸に秘め、開祖を偲びつつ、今後も開祖の思いを後世へ伝える決意を新たにしたように感じました。

 

開祖忌法要が終わった後は、最後に記念写真を。

皆さんお忙しい中お集まりくださいまして、ありがとうございました!

 

 

開祖忌法要終了後は、引き続き本山認定 僧階補任講習を行いました。

 

権中導師、大導師、少法師取得に向けての講義が行われ、皆さん熱心にメモを取りながら講義に聴き入っていました。

今回も一般拳士の参加も数名あり、少しずつ僧階についての意識が芽生えてきているように感じました。

 

是非、僧籍を有する拳士の方は、自己研鑽と僧階取得に向けた一つのツールとして教区主催の僧階補任講習を活用していただき、各道院、地域での活動に生かしてもらえればと思います。

 

次回は2017年秋に達磨祭&僧階補任講習会を予定しています。場所は決まり次第ご連絡致しますので、また皆様のご参加をお待ちしております。




いいね!>> いいね! 0 人
Loading...