注目の道院

大阪山之上道院
枚方市

厳しく!楽しく!
大阪山之上道院 -笠原 徹-
道院長
笠原 徹 先生 (大導師 正範士 七段)
趣味/特技 読書とユーモアが好きで、修練にも取り入れています
連絡先 090-1898-9667
t.kassan@nifty.com
HP 道院サイトはコチラ
ブログ 道院ブログはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

 私自身が一拳士であった時、仕事が忙しく修練の時間がなかなかとれず、「自分が修練出来る日、修練出来る時間」にやっている道院を探したのですが、なかなか条件に合う道場がありませんでした。

 それならば「いっそ自分で作ろう!」と思って設立したのが、そもそもの始まりでした。
 仕事が忙しかったのが、道院長になったきっかけになったのです。

指導に心がけている事

・少年拳士には厳しく
 少年拳士にはまず礼儀と姿勢を大切に指導しています。
 基本をきっちりと行う事、少年拳士同士の団結を大切にしています。

・一般拳士には楽しく
 当道院の一般拳士は中学生から60歳後半の方まで年齢層が広いです。
 その中で技術に関してはわかりやすくユーモアをもって指導をします。
 有段者には指導の方法も学んでいただき、法話的要素を取り入れた指導を心掛けています。

どんな道院を目指している?

 学業や仕事が忙しくなって、道場の修練から遠ざかる事になっても、いつでも戻ってこれる道院を目指しています。
 そのためにも指導方法に常に磨きをかけ、新しい手法も取り入れ、道院に来るのが楽しくなるように心掛けて、道院運営を行っています。

 幅広い年齢層が集える場所としての道院を目標として、日夜努力しております。

道院について

道院の特徴/雰囲気

 大阪山之上道院は親子・兄弟拳士が多く在籍し、7歳から60歳以上の幅広い年齢層の拳士が日々修練に励んでいます。女性拳士も多く、他道院の拳士の方々も気軽に足を運んでくださる、アットホームで明るい雰囲気の道場です。
 道院長は常々「基本が大事」「全ての技は基本から」と、修練では特に基本を重点的に行います。

 拳士同士、父兄とのつながりも大切にしており、秋のレクリエーションは道院長を中心に、笑いあふれる懇親会となっています。

 鏡開き式では、毎年「道院の目標」を掲げ、道場のみならず、日常生活・学校生活・社会生活においても生かされる目標となっています。明るく指導熱心な道院長のもと活気ある道場です。

所属拳士からの一言

 様々な職業、年齢の拳士が集まる道院を、開祖の教えに忠実に、熱心に指導してくださり、感謝と尊敬の念でいっぱいです。
 特に女性拳士が無理なく長く修練を続けられるのも、道院の雰囲気・道院長の人柄のおかげです。

 そんな道院長と共に、少林寺拳法による人間教育の場で、地域・社会に貢献できる事に大きな喜びを感じています。