注目の道院

大阪富木道院
高石市

個として、群として、真の強さと和の追求 ‼
大阪富木道院 -今井 偉夫-
道院長
今井 偉夫 先生 (少法師 正範士 七段)
趣味/特技 武道段位合わせて十六段・マラソン・愛車ハーレー
連絡先 090-8884-7880
imaiseikotuin@galaxy.ocn.ne.jp
HP 道院サイトはコチラ
ブログ 道院ブログはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

高校生の時、ブルース・リー「燃えよドラゴン」を観てただ単純に近隣の道院に入門。
少林寺拳法の技に魅了され、開祖宗道臣先生の思想に感銘を受け、自問自答し自衛官の道を選びました。職種は衛生職種(医療)・レンジャー隊の指導・警察SATの指導・自衛隊格闘の指導を兼任、第一線の隊員として勤務、部隊内でも「少林寺拳法部」を立ち上げました。しかし、自身の職務は演習と転勤が多く、私の夢である少林寺拳法を通じて、青少年の育成にはなかなか到達しませんでした。そこで一念発起、大阪富木支部道場を立ち上げたと同時に自衛隊を退官、1999年10月自前の道場を建て、後に整骨院を立上げ柔道整復師を生業とし、現在に至ります。 

指導に心がけている事

青少年
 体力と集中力を身に着けて頂き、家庭や学校では出来ない年齢差のある大勢の中の躾けや礼儀作法を身に着けて頂き、心身共に健全な人間形成を目指して日々鍛錬を行います。

社会人に対しては
 原理原則に基づき難しい事も簡単に、理に適った発想から護身術を習得して頂き、自己啓発と生涯学習の場にして行きたい。

技の指導については
  少林寺拳法の確立されたカリキュラムを反復演練し、私自身が自衛官の頃に培った格技格闘技を織り交ぜて、私しかできない「稽古」を展開しています。

どんな道院を目指している?

武道として少林寺拳法を追求し、思想として金剛禅を学び、共に汗を流し、語り合い、刺激しあって、楽しく和気藹々と修練できる場を目指しています。

道院について

道院の特徴/雰囲気

年中の行事
 ・1月は稽古始め 豚汁は私が作ります。
 ・3月は進学や就職のお祝い
 ・1年に1回は必ず、バスをレンタルして1泊2日の合宿を行います。
    (大勢の移動は道院長を始め、数名の大型自動車免許保持者がバスを運転)
 ・年末の納めには 午前中お餅つき、プレゼント交換・午後から鍋パーティー
    (全員で買い出し、野菜の切出し、味付け、そして後片付けまで)
 ・大掃除は平日に学生や生徒が率先して行います。
 ・道場で宿泊OK(シャワー有)
 ・ご結婚のお祝いもしましたね。

所属拳士からの一言

小学生拳士・保護者からは
 ・今までいじめられていたが、負けなくなった。
 ・冬でも風邪をひかず、体が強くなってきた。
 ・人前に出ても恥ずかしくなくなった。
 ・大きな声で挨拶が出来るようになった。
 ・履物を揃える様になった。
 ・集中力が増し、学力が上がった。
一般・高校生拳士からは
 ・技を原理原則に基づいて解説してくれるのでよくわかる。
 ・和気藹々とした雰囲気で人間関係がとてもいい。
 ・上下関係がピシッとして気持ちが良い。
 ・乱捕(運用法)が楽しく、強くなっていく自分を自覚した。
 ・道場で行う宴会が楽しい。
女性拳士からは
 ・襲われても立ち向かえる自信と勇気が身に付いた。