道院行事
Shorinji Kempo

道院行事とは

金剛禅総本山少林寺の行事

金剛禅総本山少林寺の行事とは、金剛禅を修行する門信徒一人一人が、行事を通じて開祖宗道臣先生の志に思いを馳せ、行としての少林寺拳法の意義を再確認し、「人として生きること」について理解を深めるために執り行われます。一年を通じて下記の行事が執り行われています。

入門式

道院に新たな仲間を迎える行事です。新入門者は門信徒と参列者の前に立ち、入門の決意を誓います。入門式において道院長より話される法話は、生涯続けていく金剛禅の修行において、最も大切な事柄になります。入門式は、金剛禅の修行をする門信徒にとって、一生に一度しかない大切な儀式で、この日を境に、「本当の強さ」と「生きることの意味」を日々考え、行動する人間へと変わっていく第一歩を踏み出します。

新春法会

新春法会(ほうえ)とは、そこに集う皆で新しい年を祝うとともに、金剛禅総本山少林寺の聖典である「教典」を一緒に唱和したり、門信徒代表による決意表明を行い、道院長の年頭法話を聴いて、心新たにして一年の第一歩を踏み出すための行事です。
あわせて、允可状や精勤賞の表彰状の授与も執り行なわれ、皆で祝福します。

開祖忌法要

初代師家・宗道臣(以下、開祖と言う)の命日である5月12日に、開祖の「志」に思いを馳せ、遺徳を偲び、その偉業を称えて感謝する行事です。そして、あらためて、開祖の志を自分の志として、自己完成への道と人づくりの道に精進することを心に誓う行事です。

達磨祭

達磨祭とは、達磨大師の命日とされている10月5日またはその前後に、祖師達磨大師を礼拝し、その遺徳を偲ぶとともに、そこに集う皆で「拳禅一如」の修行に一層精進することをお互いに誓い合う儀式です。

お陰様で、地域に根ざし(2015年)勤続30周年を迎えました

 合掌、お陰様で、地域に根ざし勤続30周年を迎えました。
30周年は特に節目を感じているのも、公私共に大きな事がありました。
親道院、王寺道院設立40周年記念行事がありました、河原先生、誠におめでとうございます。
神宮寺道院大拳士2名受験に応援と共に30周年の本山帰山をしました。
2015大阪府民体育大会では全国大会出場の切符を手にしました。
私自身も多くの人のご法縁から始まり、沢山のご支援を賜りました。合掌
 
 P1190676  IMG_0506
 P1190700  神宮寺道院
 P1010210  P1010156

 

創設30周年記念本山帰山

2015年3月15日(日)に創設30周年を記念して、本山に帰山して参りました。
8:00に到着後、鎮魂行、法話、本山の演武見学、体験修練、お昼には特別に大雁塔を見学をさせてもらいました。
お昼は有名店に”うどんツアー、とは言ってみても、1件になんと40分も並びました、これも又、苦い思い出となりました。しかし味は、とても美味しいかった。
午後15:00、大阪神宮寺道院副道院長_武田、山蔦拳士両名が大拳士に見事合格、
おめでとうございます。判ってはいても安堵しました。金剛禅運動の今後の活躍に一層力強さを増しました。 合掌P1190700 P1190694 神宮寺道院