最新の記事
Shorinji Kempo

絵を持って解りやすい.お話をする。

昨日は朝から練習日。毎度の躾け の為法話をしています。園児から 6年生まで いっぱいです。今回は先日の素晴らしい発表会パンフレットを披露させて頂きました。ストーリーを 立て紙芝居風のお話でした。📖💭ー 創始70周年記念の意味,写真ー 宗由貴総裁を見せ,世界に羽ばたく少林寺拳法はアフリカにもあるんだよ等々。多くの人達が一杯っ関わって成り立つのですよ 。年行事は写真を見せて ,こんなにも楽しいことがあり ,合宿は 汗をかいてキツいけども 夜は楽しい事で 一杯。見せて聞かせて法話をしました。目が点に なっていました。人と人が 関わって人の痛みも 考え方も分かるのですよ。📓ー 終わりを告げるとー 小さい子から拍手がでて全員の 拍手に なりました。パチパチ👏と。子供は知らない不思議な世界にとても興味を抱きます。

年々少なくなるスポレク発表会

10月8日は晴天に恵まれた発表会、台風延期で少ない参加数になりましたがやっと開催できました。関係者皆様には調整方に感謝申し上げます。この度第18回スポレク発表会は9時30分レクレーション(ドッジ)から始まり、演武発表会、『 健康プログラム 』も保護者と一緒に、特に女性の多くが体験して頂いて43名参加に満足でした。 乾大会長をはじめ来賓者の皆様からレク参加頂き、祝辞も頂きました。夜の神宮寺道院懇親会も久しぶり卒業生の飛び入りで大いに賑わいました。設立32年目歴史です。神宮寺在籍初の外人拳士MARIOには、胆に迫る凄い質問「多くの拳士を育ててきた、今後のビジョンはなんでしょうか?」に通訳はタジタジでしたが・・その内容に賑わい大笑いでしたが、多くが勉強になったみたいでした。「回答を論文にしてまとめたい!」
・ob拳士12年ぶり再開に楽しかった~ぁまた参加したい!!と後日3名からラインでコメント戴き~嬉しいね。いつになっても帰れるob皆の道院を目標にしているよ。☆大阪神宮寺道院

f:id:jin-good-g-martial-arts:20171010210253j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20171010210450j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20171010214206j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20171010210536j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20171010212521j:plain 

こころをそこに置く

本日も柏原市スポレクの発表会練習です。演武にも気合いが入ります。乱取り研究発表にも 思いの外盛り上がります。本日のお話は「心をそこに置く」本部講師から受け売りになりますが説明させて頂きました。執着,後まで心を残すと言う意味ですが,少林寺拳法で言う残心,最後まで気を許すな。少年や一般拳士たちの演武(相対)にも置き換えると思う 、具体的に「租借」した話をしました。生き方の 「尊い教え」を学び,修行を現代流に楽しむ法形「演武」があり,生き方を学ぶ者門下生がいる。同時に先生(指導者)も教えを学ぶことが多い。まさしく教学である。どの武道でもその精神・・長上を敬い、後輩を侮らず、である。生徒に教えさせていただく、壇上に立つことの責任と遣り甲斐を感じて益々精進できるように思う。
f:id:jin-good-g-martial-arts:20170902174230j:plain

現代に潜む”こころのゴミと脳のゴミ

先の休日に奈良吉野の金峯山寺蔵王堂(世界遺産)のお坊さんの法話を拝聴し、久しぶりに身になる内容に共鳴して 反省するところが あった。一部紹介~ 修行する意味・・心のゴミを掃除することです。 現世の常識に捉われず、正しく見つめて、正しく行いをする、良い行いで徳を積むことで、目先の損得に執着せず、謙虚に正しく判断して 、自分を偉いものと 思わず、すなおに他に学ぶ気持ちがあること。少し難しいでしょうか。最近見た番組で、”たけしの健康の医学”でした、脳のゴミ出し力を高めて認知症を予防 、脳のゴミとはアミロイドβのこと(脳のタンパク質が凝縮して固まってしまったもの。)運動不足、暴飲暴食などの生活習慣によって血管の拍動が弱くなってくると、脳のゴミを外に押し出せなくなる。脳のゴミを生み出すものには、食生活と生活環境に因があり、先進機器のメディアに依存する、衣食住に贅を尽くす、動かず、楽するばかり続けていくと、積もり積もって、脳ゴミと言われる成分、アミロイドβが通常の約25倍に増える、とにかく尋常じゃないほどの脳のゴミの量です。悪因から認知症が始まる。今から自分を変える、いつから?今でしょ!。と他人と関わって今からでも自己確立を自他共楽をテーマとして生きて実践してゆきたい 。~一部番組より引用      ☆大阪神宮寺道院長

f:id:jin-good-g-martial-arts:20170719220824j:plain

武者修行)与えられた命だからこそ真面目に自己の精進を重ねる。この時代の勤労勤勉さのDNA が今日の発展に繋がっているのではないか、日本人の こころの中にも。 

少林寺拳法創始70周年記念 2017年大阪府民体育大会

少林寺拳法創始70周年記念 2017年大阪府民体育大会

2017年7月9日(日)08:50予選~、13:40本選~少林寺拳法創始70周年記念 2017年大阪府民体育大会 13:00~大会会長 井上礼之ダイキン工業㈱取締役会長をはじめ、川島一浩少林寺拳法連盟会長や中華人民共和国駐大阪総領事館 孫 副総領事等たくさんのご来賓をお招きし、開催されました。準備や設営等、関係者の皆様にはご苦労様でした。私も予選、本選の審判員として参加し、70組程の審査を連続で疲れましたが、その分審判能力も養え充実しました。しかし今年から主審の責任感も採点も一際注目されて参ります。

f:id:jin-good-g-martial-arts:20170713223208j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20170713223105j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20170713223313j:plain f:id:jin-good-g-martial-arts:20170713224615j:plain

3年ぶり久々大勢の入門式

5月20日は入門式を行いました。対象者1年生から6年生まで、司会より式典式次第に従い粛々と始まり、初めて経験をした拳士達は、杯に代わる甘いジュースでしたが、喉を潤す同じジュースでも感じる味が違っていたのではないでしょうか。道院長自身も、この大切な純真な子供たちに「個性を生かし自身の可能性の芽を育てる」役目に新たな気持ちと責任感を感じました。よろしくお願いいたします。合掌 5月20日10時30分

f:id:jin-good-g-martial-arts:20170604190026j:plainf:id:jin-good-g-martial-arts:20170604190707j:plain

f:id:jin-good-g-martial-arts:20170604190842j:plain

「外付けHDD」へデータバックアップを勧めします。

先般、道院長支部長会議でもお知らせしました。昨今メール添付ファイル「郵貯」「領収書」「請求書」などの件名で送られてくるメールに注意を促しました。ウィルスも手が込んでいるので、間違っても添付を開いてはダメ、(即削除)。関係者全アドレスに送付され感染します。自分のPCも使えなくなる前に、是非とも「外付けHDD」へデータバックアップを勧めております。最近は千円程で16GBのUSBメモリを購入できます。ドキュメント、写真など保管しておいてください。複数の友人からPCが立ち上がらない!と私の所ヘルプに来ます。合間の作業で1ヶ月程掛かりましたが、ネット不可で使い物に成らないVistaからWIN7(IE11)へのバージョンアップです。使用前アプリはそのままでVerUPでした、本日やっと復旧しました。NECのPCでしたが苦労しました。

宗道臣デー(ボランティア活動)に始まり

大阪神宮寺の拳士へ ~本日は『清掃の日』朝10時~少年部では2回目の絵本紙芝居を実施、皆、真剣なまなざしで聞いてくれました。11時30分~大人の部で道場を全員で清掃しました。しばらくしていなかったので、なんとも言えない清々しい気持ちです。15時~宗道臣デー(ボランティア活動)で関係施設の草刈りを実施しました。「写真は清掃前.後」これもまた気持ちいい・・。2時間ですっかりきれいになりました。17時30分~は、茶話会のところ、夕方に1つまたハッピーな出来事が入り、茶話会に花が咲きました。「この4月高専に見事合格した拳士2名、それと本日企業から内定の連絡があった拳士、K大に合格した拳士」全員有段者が駆けつけて、自身には最高の安らぎの日「美味しいビール」となりました。道院の指導者を初め関係各位には感謝申し上げる。と 同時に寂しくも なる。合掌

画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、草、空、車、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:植物、木、草、空、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、木、植物、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)、食事(複数の人)、テーブル、室内

道院・道院長の活動のあり方

道院長自ら地域行事・イベントに積極的に参加する、学校支援活動に協力する。この度は、まさしくこのパターンでした。
併せて、健康プログラムの活動では、現役保護者にご賛同していただいて、ご近所づきあいを大切にしてきました。多くの方々には、ご理解を得たようで予想外の反響でした。4才園児から6年生まで多人数の体験学習からでした、これからの教育については、どの年齢も、言葉使い、態度を良く、礼儀作法と躾けをスモールスタートです。家庭でできないことをここ(道院)ではやる、おこがましいですが経歴35年を生かし自信と誇りを持って、支援させて頂く。カリキュラムでは4歳児~1年生は、興味を抱くことに工夫を、2年生~4年生は1つ1つ達成感を味わう徐々に難しいことにも挑戦、5年生~6年生はレベルアップ、強さへの変身願望から達成感。いずれも大会目標へ挑戦です。この1年は学年別、白帯拳士への細かな指導してまいります。

園児しつけ教育と少林寺教育のコラボ

このたび、何が多くの保護者に興味をいだいたのか?一考してみた。 -わが子の素晴らしさを見付け芽を育てるためには、子の目線に寄り低姿勢で見つめる、引き出すには、こころの扉を開くようにする。しつけ教育に関して悩んでいる保護者も少なくない「永遠の課題」であろう、しつけ教育の基準に必要なことはなんであろうか。この時代に必要な目標達成型教育を検証してみた。昨年縁あって僅かな時間でしたが園児達に接して、その重要な部分を学んだような気がする。園長さんから頂いた言葉に「少林寺拳法さんは、園児がピシッっとしますね!」。「なる程!」と思った。園児教育にも、永年の成果で筆舌に尽くしがたい素晴らしいものを見た、目からウロコだった。教え方の1つに紙芝居でも「話の間の取り方」「幼児言葉に租借して伝える」引き付ける魅力がある。12名園児には、12名タイプがある12名個性を引き出す。これから日本の未来を背負う強い子を育て、美しい日本のベースとなる。「一隅(いちぐう)を照らす、 これ則(すなわ)ち国宝なり」運動なり。