こころをそこに置く

本日も柏原市スポレクの発表会練習です。演武にも気合いが入ります。乱取り研究発表にも 思いの外盛り上がります。本日のお話は「心をそこに置く」本部講師から受け売りになりますが説明させて頂きました。執着,後まで心を残すと言う意味ですが,少林寺拳法で言う残心,最後まで気を許すな。少年や一般拳士たちの演武(相対)にも置き換えると思う 、具体的に「租借」した話をしました。生き方の 「尊い教え」を学び,修行を現代流に楽しむ法形「演武」があり,生き方を学ぶ者門下生がいる。同時に先生(指導者)も教えを学ぶことが多い。まさしく教学である。どの武道でもその精神・・長上を敬い、後輩を侮らず、である。生徒に教えさせていただく、壇上に立つことの責任と遣り甲斐を感じて益々精進できるように思う。
f:id:jin-good-g-martial-arts:20170902174230j:plain

いいね!>> いいね! 0 人
Loading...