最新の記事
Shorinji Kempo

お盆休みについて

 

いつもお世話になっております。

東大阪孔舎衙道院の道院長の樋口です。

東大阪孔舎衙道院では、誠に勝手ながら、以下日程がお盆休みとなり、
  練習がお休みになっております。

8月11日(金)

8月14日(月)

8月16日(水)

お問い合わせには、御返答出来ますので御用の際は、「お問い合わせ」よりご連絡頂けます様
  お願い致します。

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 道院長 樋口 和宏

◆練習風景写真集◆ 平成29年8月2日・4日

◆練習風景写真集◆ 平成29年8月2日・4日

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口 和宏

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月31日

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月31日

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口 和宏

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月26日・28日

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月26日・28日

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口 和宏

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月24日

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月24日

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口 和宏

【道院長独語】印象操作と加計学園 メディアリテラシーを添えて

 

 

こんにちは。
  東大阪で少林寺拳法を教えています東大阪孔舎衙道院の道院長★樋口です( ̄(工) ̄)

※今回は【道院長独語】です。
  これは、私の個人的な見解であり、金剛禅総本山少林寺の見解ではありません。

最近、「印象操作」や「フェイクニュース」なんて言葉をよく聞く様になりました。
  しかも「印象操作だ」って言った人が悪者みたいな風潮があります。おかしくないですか?

 

まずは『印象操作』とは何か。
  あることについて断定的な口調で自己の判断を提示し、それがあたかも「一般的」であるかの
  ような印象を読み手に与える手法。

また、特定の人物および事象を第三者に対して自分の都合のいいように見せることであり、
  基本的には歪曲した印象を相手に与えようとする事です。

ポイントは、歪曲した印象です。しかも、悪いように見せるのです。

 

この『印象操作』が大流行中なのが、中立の立場で事実を報道するべきマスコミでしょう。
  最近のマスコミは特にひどいと私は見ています。

 

まず、私の考えから。
  「印象操作」はどこにでもあるもの。それ自体、良い悪いは置いておいて。対立するものが
  ある世の中において、常時行われているものです。

では、何が問題なのか。両面から見てみます。

①中立を謳っているものが印象操作を行うこと。

②なにも考えず、伝えられたことが全て真実だと思ってしまう事。

①は、印象操作を行う側。②は受け取る側の問題です。

そして、①の代表例が今の一部?のマスコミです。本当に分かりやすい事をやっています。

印象操作は、ある物事に対し「自分が導き出したい答え」になる様に伝えると言う事。
  今のマスコミで言えば、「反安倍」でしょうね。

 

最近の例でいうと、加計問題の閉会中審査。ニュースでご覧になられた方も多かったと思います。

ニュースのほとんどは、①安倍首相の加計学園の申請を知った日付が違う。
  ②大臣が「記録がない」「記憶がない」「言ってない」の連発。

この2つです。というか、ほとんど①のみ。

 

二日間で10時間ほどの審議でそれだけ?しか報道されていません。

しかし、本当に知りたいのは、加計学園の認可に首相が関与したのか。手続きに不備があったのか
  どうか。と言う点のはずです。ここについての報道はほとんどありません。

閉会中審査の中では、今まで言われてきた「加計ありき」ですが、前川氏が直接「加計学園」の名前を
  言われていない(優遇を指示されていない)事、前川氏自身の中で思っていただけ、「思い込み」と
  言う事が明かになりました。

これを「思い込み」だと考えるか、「そう思わらざる状況にあった」と考えるかは受けて次第です。

また、その他の言葉については、言った言ってない。になってしまい、確定証拠がない水掛け論です。

 

ここで『印象操作』の出番です。
  反安倍に導きたいマスコミは、前川氏が「加計学園」の名前を言われていない、自分の中だけで
  思っていた事だと言う事は、ほとんど報じません。
  そんな事をしてしまうと前川氏の証言の信憑性が無くなってしまう可能性がある為です。

そこで、安倍首相の発言のみを報道し(切り取り)、疑惑は深まった。等と報道するのみ。

これが印象操作です。

自分達に都合の悪い事は報道しない自由を使い隠し、疑惑は深まった。と何度も報道することで、
  安倍政権に悪影響をあたえようと必死です。

この安倍首相の日付の問題ですが、もし事前に加計学園の申請を知っていたとして法律違反でない。
  問題があるとすれば、その事をもって首相が加計学園を選定せよと命令した確たる証拠が出てきた
  時なのです。

また、TVでは野党の方が「安倍首相と加計さんがお友達でも正しいプロセスで開設したなら問題
  ない」と言いながら、報道されない国会では「お友達」であることばかり追求する。プロセスの
  質問なんてどれくらいあっただろうか?

今の報道は、何も証拠がない「私は安倍首相が怪しいと思うんだよねぇ」という自分の考えを中立の
  真実の報道として、「安倍首相がお友達を優遇した」と言っているだけにすぎません。

こんな曖昧な証拠も何も無い事で、政府を個人を糾弾出来るなら、いつでも誰でも出来てしまいます。

まぁ、それをしているのが今のマスコミなんですけどね。

下のイラストは、印象操作を風刺したイラストです。よく出来てますね。。。

 

 

大事なポイント②に参ります。

多くの人、特に一定の年齢層は、テレビや新聞からのみ情報を得ます。そしてそれが全てになります。
   TVや新聞が全ての人にとって、その情報が真実であり正しい事だと認識します。

なのでマスコミが、「安倍が悪い(と思う)」と口を揃えて言えば、そーなんだと思ってしまいます。
  たとえ、それが間違った情報であったとしてもです。

では、大事なポイント。

 

メディアリテラシー」を身に付けろ!

 

はい( ˘•ω•˘ )?ってなると思いますので、簡単に!!

 

それが本当かウソか見極められる様になれ!

 

って事です。
  しかし。TVや新聞が絶対だと思っている人に言っても難しい。これが正解だ!って思って
  しまっているからねぇ。

だけど、これだけはわかって頂きたい。

 

中立なメディアなんて(ほとんど)ない!

 

ってこと。これは間違いない。

私のこの記事だって中立ではないよね。マスコミは印象操作してるって言っているんだから。
  しかし反対に、そんな事はない!っていう人が居て当然です。それも個人の自由。

 

・・・話を戻して、うそか本当かをどう見極めるか。・・・自分で考える事です

 

・・・え(;・∀・)?

 

今ある多くの問題、疑惑というのは、

「本当かどうか分からないけど、こんな話がある!これは問題 でしょう!」というもの。

それに対し、「そんな事実はない」と答える。

すると、「あるはずだ!ないことを証明しろ!」

この繰り返し。

 

普通に考えれば、「ある」という証拠を出さなければならない。だって、「ある」って言って
  るんだから。

しかし、今の野党やマスコミは、「ない」という証拠を示せという。そして、その証拠がない
  となると、「ほら、やっぱり怪しい」「説明責任を果たしていない」となる。

「ない」ものをどうすれば「ない」と証明できるのか。これがいわゆる悪魔の証明。

で、法律違反など重大な事実はあるのか?というと、ほとんどが「ない」というオチ。

 

「加計学園」問題でも同じこと。

多くの方が、「説明を果たされていない」「納得できない」という。では、何を説明されれば
  納得できるのだろうか。「本当の事」なんて曖昧な答えが返ってくるでしょう。

では、本当にどうだったのか。これを見極めようとすると、それまでの経緯を知る事から
  始めなければなりません。また、利害関係者も知らなければならない。

この選ばれた制度「国家戦略特区」それを議論する{ワーキンググループ」があります。
  その議事録はネットに公開されています。

 

これ、読んだことあります?

多く方が無いと思います。
  しかし、ここには多くの情報があり、選ばれた理由の一面が見えてくるはずです。

また、利害関係者である日本獣医師会の動きも知らなければなりません。

 

それらの情報を基に、自分で考えるのです

それぞれが正しいと思う事を言う。しかし「正しい」=「真実」ではない。

どちらか一方の立場にだけ立つのでなく、色んな情報を取捨選択して自分で判断するのです。

これが、メディアリテラシーです。

メディアを通して情報を受け取る側は、発信された情報には、程度の差こそあれ、何かしらの偏り・
  嘘、操作(故意的隠蔽や誇張)、間違った情報などが含まれていることを知り、鵜呑みにするの
  ではなく、「その情報は信頼できるかどうか」を判断すること、どのような偏りがあるか、さらに 
  一歩進めて、その情報を発信した側にはどのような意図・目的で情報を流したり、編集をしたか考え、
  各種の背景を読み取り、情報の取捨選択を行う能力です。

 

昔の様に、ネット等が無かった時代は、TV・新聞が唯一の情報源でした。

しかし現代は、情報過多と言われるほど、情報にあふれています。

どちらが正しい。なんてことはありません。

その情報の意図をくみ取り、判断していく事が大切だと思います。

今や総務省にも子供向けのメディアリテラシーのページも作られています。
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/hoso/kyouzai.html

 

以上となります! 3500字を超えてしまった(;・∀・)

この手を記事を書こうかずっと迷っていました。何回か消しましたしね。
  怒られたら消しますので、ご勘弁を(笑)

今回は、印象操作という視点から書きましたが、情報は怖いものです。間違った情報が
  人の人生を狂わしてしまいます。

これを読んでくれた人には、間違った情報に乗って他人を貶めない様に。そして
  自分自身が被害者にならない様にしてほしいと強く望みます。

情報は怖いと書きましたが、武器にもなります。
  うまく使って自分のプラスにしていきましょう。

お付き合い頂き、ありがとうございました。

(樋口)

◆練習日記◆平成29年7月第3週「その技使えるの?」

 

 

こんにちは。
  東大阪で少林寺拳法を教えています東大阪孔舎衙道院の道院長★樋口です( ̄(工) ̄)

やっと梅雨明けです。
  今回の梅雨は天気がいい日が多かったですね。しかし、東大阪も含め局地的な大雨が降る。
  これは怖いですね。

東大阪孔舎衙道院も生駒山の麓にありますので、注意は必要ですね。
  そろそろ非常食とか考えないとな。

 

今週の練習テーマは、技を使う事です。

普段の練習では、お互い止まった状態から技を行います。そこから攻撃が来て受けて反撃。

出来た―(*”ω”*)

で終わっちゃう。「その技、本当に使えるの?」って事です。

この段階ではまだ完成度30%位です。ここから、動いても使えるのか、失敗した時に
  どう動くか、別の技と連携させていけるか。といった様に発展させていきます。

まずは、動いても使えるかってとこまでやって行きます。
  「動いても」っていうのは、お互いが自由に動きながら攻撃がいつ来るかわからない状態で
  技を行う事です。

最初に動きを見るため、中段限定の運用法を行いました。

 

まっ、最初はこんなもんでしょ(笑)

どうしても、自由に動かすと構えや攻撃がぐちゃぐちゃになっちゃいますね。
  そして、なんか楽しそう・・・(笑)

私が小さい時は、もっとガッツリ系だったんですけどね・・・(;”∀”)

殺気立つより良いか…(苦笑)

 

この日は、練習時間中ずっと胴を付けたまま、攻撃を指定したりしながら、
  技を使えるタイミングや間合いなどを練習しました。

練習が終わる頃には、なんとなく動ける様になってきましたよ(^^♪

これからも、こういった練習を増やしていき、形だけの少林寺拳法を脱していかないと
  いけません。

少林寺拳法は、護身の技術です。
  いざという時、自分の身を守れるようになってもらいたいな。

私も一緒に頑張ります!

 

↓ ↓ 今週の練習の風景写真はこちら ↓ ↓

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月19日
  http://shorinji-osakakyouku.jp/wp/110712/201707225491

 

今回も短いですが、ここまで!

それでは、またヾ(●・ω・●)ノ☆

★お知らせ★

東大阪孔舎衙道院では、随時拳士を募集しております。
  性別・年齢問わず、誰でも始める事が出来る少林寺拳法。何度でも体験無料です(^^♪
  武道をやってみたい方。何か運動を始めたい方。いっぱい笑いたい方。一回遊びに来てください。
  少しでもご興味があればこちら→『お問い合わせ』←からご連絡くださいませ。
  拳士全員、あなたのお越しをお待ちしております。

(東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口)

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月19日

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月19日

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口 和宏

★写真集★2017年少林寺拳法 大阪府民体育大会

★写真集★2017年少林寺拳法 大阪府民体育大会

東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口 和宏

◆練習日記◆平成29年7月第2週「新たなスタート」

 

 

こんにちは。
  東大阪で少林寺拳法を教えています東大阪孔舎衙道院の道院長★樋口です( ̄(工) ̄)

日曜日の大阪府民体育大会、お疲れ様でした。
  詳細は→こちら←に記載しておりますが、みんなよーく頑張りました!

大会を終えての練習、気持ちを切り替えて新たなスタートって行くつもりが、やっぱりね
  ちょっと気が抜けております(笑)

 

いや、笑い事じぇねぇな( ˘•ω•˘ )

 

でもまぁ、私の猛指導に耐えて(?)よく練習についてきましたし。。。

今週は大目にみるかなぁ。。。

 

って、なるかぁ~( ̄(工) ̄)!

 

一人ノリツッコミはこの辺にしておいて(スミマセン)、今週は、基本+基礎体力UPがテーマです。

今まで演武練習がメインになり、がっつり基本に時間をとることが難しかったので
  今週は、基本と基礎体力向上に向けて練習を行いました。

また、大会を通して気付かされたのが、やろうとしている事に対して、身体がついていって
  いないって事。もちろん、年齢による部分も大きいですが、改善の余地ありです。

これからビシバシ行きます!!!

 ↑ カメラが気になってちゃんと出来ない人が続出・・・(;・∀・) ↑

これ以外にも結構ハードにやりました。
  子ども達が「しんど~い(”Д”)」って言うから休憩したのに、遊んでやがる(笑)

まだまだイケルナ!
  先に、私がへばってしまわない様に頑張ります( ̄(工) ̄)★

 

いままでより、ほんのちょっと、一生懸命頑張るみんな。

小さくても一歩ずつ前に前に。

 

↓ ↓ 今週の練習の風景写真はこちら ↓ ↓

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月10日
  http://shorinji-osakakyouku.jp/wp/110712/201707225443

◆練習風景写真集◆ 平成29年7月14日
  http://shorinji-osakakyouku.jp/wp/110712/201707225444

 

今日は短いですが、ここまで!

それでは、またヾ(●・ω・●)ノ☆

★お知らせ★

東大阪孔舎衙道院では、随時拳士を募集しております。
  性別・年齢問わず、誰でも始める事が出来る少林寺拳法。何度でも体験無料です(^^♪
  武道をやってみたい方。何か運動を始めたい方。いっぱい笑いたい方。一回遊びに来てください。
  少しでもご興味があればこちら→『お問い合わせ』←からご連絡くださいませ。
  拳士全員、あなたのお越しをお待ちしております。

(東大阪で少林寺拳法 東大阪孔舎衙道院 樋口)